FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入り

蔵の板壁の張替も
少しずつできてきました
DCF00045.jpg

このあたりも梅雨入りしたそうです
今日は雨が降っていましたが
敷地内の農機具小屋をお借りしてるので
作業続行です
DCF00044.jpg
スポンサーサイト

長浜へ

滋賀県長浜市へ・・
建築家、吉田桂二氏設計の長浜鉄道文化館(右側)と
北陸線電化記念館(左側)。
DSCN3469_convert_20130524191035.jpg

内部の構造は木造トラス構造と(左側の建物)
DSCN3431_convert_20130524191339.jpg

木造アーチ構造(右側の建物)
DSCN3394_convert_20130524191214.jpg

風を通す

改修計画。
「こんな感じでいきましょうか」
というところまできました
通風を妨げていた北側寝室を
東側に移動させることにより
通風と広がりを手に入れることができました
DSCN3602.jpg
DSCN3603.jpg

三河大野

愛知県、大野宿へ
いつものように電車を乗り継いでいく
三河大野駅に到着
田舎の方の駅は木造も多く
なかなか面白い
DSCN3511_convert_20130517193218.jpg

江戸期、信仰と遊山を兼ねた「講」と呼ばれる
団体旅行が流行し大野は秋葉神社・鳳来寺山等を結ぶ
秋葉街道の宿場町として繁栄しました
DSCN3481_convert_20130517193056.jpg

大正期に建てられた銀行を利用したカフェで昼食
ちょっと前までは一人ではカフェなど入りずらかったが
少し慣れてきたようだ
コーヒーの砂糖は木の棒にくっついていて
かきまわしながら溶かしていくのだそうだ
DCF00032.jpg

2階のギャラリーに向かう途中
手すりの柱に目がとまる
何とも不思議な形である
DSCN3495_convert_20130517193331.jpg

古材と新材

雨で土壁を濡らさぬよう
一枚ずつ張替。
新しい材と古い材が寄り添う・・・
DCF00040.jpg

木ノ本

滋賀の木ノ本を訪れた。
目の仏様として有名な地蔵尊のある
浄信寺の門前町として、また琵琶湖の東岸から
越前に向かう北国街道として賑わったところである
SSCN3530.jpg
あまり観光地化されておらず
生活感のある町並みは
男一人旅にはちょうど良い。
SSCN3529.jpg
浄信寺の近くにある
つるやのサラダパン。
パンの中身は刻んだたくあんとマヨネーズ。
何とも珍しい組み合わせだが、美味かった。
SSCN3528.jpg
プロフィール

大工michi

Author:大工michi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。